milk_iro7

milk_iro7

Happyな毎日に ♪♪

髪の絡まりをなくしてツヤ髪になる方法

  • ドライヤーの後、髪が絡まりやすい 
  • くしがスムーズに通ってくれない

 

普段からヘアケアはしているつもりでも

いつの間にか絡まってしまう髪の毛。

 

 

なぜ、髪が絡まってしまうのか、

原因と対策についてご紹介いたします!

 

 

f:id:milkyiro7:20210407220316j:plain

 

 

 髪が絡まる原因とは? 

 

 

 

髪が細い人、クセのある方はもともとパサつきやすいですが、

その他にも原因がいくつかあります。

一番の原因は、毛髪の外側を覆っている

キューティクルが剥がれたり、開いている状態です。

キューティクルが開いていると水分と栄養も出ていってしまい、

髪の内部で水分と油分が足りなくなり、乾燥しパサつきます。

また、髪の水分が足りないとパサつきだけでなく、

枝毛や切れ毛も広がりの原因もなります。

 

 

 

 キューティクルの痛みの原因とは?

 

 

  1. シャンプーでのダメージ
  2. 、ドライヤー、ヘアアイロンによる摩擦と熱などのダメージ
  3. 紫外線、乾燥
  4. ヘアカラー、パーマなどが挙げられます

 

 

 

髪のパサつきの【改善方法】をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

シャンプーによる対策

 

 

 

日頃のシャンプーを、頭皮や髪の毛に負担や刺激を与えないような

やり方に直すだけで、ヘアダメージを防ぐことができます!

毎日、髪を洗う方が多いと思いますが、シャンプーの洗浄成分は 

汚れを落とすとともに、髪も傷めます。

特に石油系界面活性剤を使ったシャンプーは洗浄力が強いため注意いたしましょう。

アミノ酸系か、自然素材のシャンプーが良いです!

 

 

f:id:milkyiro7:20210410071228j:plain

 

 

 

ドライヤーによる対策 

 

 

  1. タオルドライ後に髪をとかし、流さないトリートメントを髪になじませておく。
  2. 髪の中間部分の頭皮と髪の根本を乾かす
  3. 最後に毛先を乾かす

最後に冷風をざっと当てて、髪を冷やしましょう!

 

 

 

 

 

 

また、20代女性の髪の毛はドライヤーやアイロンの熱、

パーマやカラーの薬剤などによる、刺激を受けることが

最も多い時期なので、対策を見直していきましょう!

 

 

 

www.forcise.jp